その他の兵庫県のお店の記事 (2/2)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

對城館



現在、對城館という旅館は見当たりませんが、レジデンス對城館というのがこのマッチ箱ラベルにある下寺町近くに存在します。

思いつき




JR姫路駅前から、現在修復中の姫路城方面へ伸びる商店街に現在もある喫茶店です。
駅正面の広い道路の一本東がメインの商店街で、さらに東の細めの戦後のディープ感が少々残る商店街にあります。小溝筋といいますが、新しい店も出来ていて頑張っています。

この喫茶店には、何度か入った事があるはずなんですが記憶はほとんどありません。
「亀山」を食べたか、誰かが食べようと誘ったか・・・という薄っすらとした記憶があります。
思いつきに亀山はあったのでしょうか。

(「亀山」とは濃厚な善哉の事、『思いつき』ではほとんど汁のない小豆がお椀の中で山になっていた・・・という記憶があるのですが定かではありません。)

山陽電車の姫路から二駅目に、「亀山」という駅があったので、昔は「亀山」って・・・何???
と頭の中が少々混乱していました。










姫路の茶房 COFFEE MIKASA

img664-s.jpg

ダークスレートグレーのような人物の色が、裏面まで浸透している変わった印刷です。
三笠饅頭は知ってますが、喫茶ミカサは知りません。












やまと館 淡路島岩屋



岩屋と聞くと、明石からフェリーに乗って岩屋に到着すれば淡路島を素通りして反対側からフェリーに乗って四国の徳島県へ・・・とかつて橋がなかった当時の事を想像します。淡路島を通るトラックは、フェリーに乗る順番があるので、追い越したり追い越されたりが多かったように聞きます。

実は私も淡路島は、通過した事しかないのです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。